元凶

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという性質があるためオゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊するなど、皮ふに良くない影響を与えています。
塩分や脂肪分の摂り過ぎをやめた上で軽い運動を心がけ、ストレスの多すぎない暮らしを心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を事前に防止するポイントなのです。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわり、2012年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種となるため、スケジュール管理の必要な個別接種のスタイルになっています。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によると、毎日2カップよりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーに変えると、あの直腸がんの危険性を半分以上減らせたそうだ。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンをあてると感じることのできるという「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
ポリフェノール最大の作用はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは性質が異なり、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる効果があります。
「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「排除すべきもの」ものと思いがちですが、実を言うと、人間は様々な種類のストレスを抱えるからこそ、生き延びていくことが可能になるのです。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国も同じですが、数値の評価レベルは各国異なっていて、(社)日本肥満学会ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と位置付けています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が細くなってしまい、血流が途絶え、欠かせない酸素や栄養を心筋に届けられず、筋細胞自体が死んでしまう大変怖い病気です。
スギ花粉症などの症状(鼻みず、鼻づまり、クシャミ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性的な睡眠不足となり、翌日目覚めてからの業務に悪影響を及ぼすこともあります。
明るくない所では光量が不足するので見辛くなりますが、さらに瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに多くの力が使われてしまい、日の差す所でモノを眺めるよりも疲れやすくなるといえます。
くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛散量の多さに追従するかのように悪化の一途を辿ってしまうという特徴があるということが明らかになっています。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されていなくても、内臓の脂肪が多く付着してしまう種類のよくない肥満になってしまう事で、深刻な生活習慣病を招く可能性が高まります。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無効になった後に発売され、新薬とまったく同一の成分で負担を下げられる(クスリの価格の高価ではない)後発医薬品のことを意味しています。
音楽の公演の開催されるホールや踊るためのクラブハウスなどに備えられているすごく大きなスピーカーの隣で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性聴器障害」と呼んでいるのです。