神経伝達物質

内臓に脂肪が多いことによる肥満があった上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2個か3個すべてに合致するような健康状態のことを、メタボリック症候群と呼んでいるのです。
うつ病というのは副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、強い倦怠感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の辛い症状が2週間以上続きます。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が細くなって、血流が止まり、大事な酸素や栄養が心筋まで届かず、筋繊維が壊滅状態になってしまう重い病気です。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了した30日後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug)に取って代わるという薬品もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界各国で親しまれています。
狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術」の両者の技法が高い確率で使われています。
ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間でクッションみたいな役目を担っている椎間板という名前のやわらかい円形の線維軟骨が突出した症状のことを表します。
塩分と脂肪分の摂り過ぎを控えた上で無理のない運動に努め、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を心がけることが狭心症を起こす動脈硬化を予め防止するポイントだといえます。
グラスファイバーで作られたギプスは、非常に強靭で軽いのに耐久性に優れており、なんと濡れても壊れずに使用できるという特長があるので、いまの日本のギプスの中でも定番と言われています。
四六時中肘をついた横向きの状態のままでテレビを眺めていたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴等を履くというようなことは肉体のバランスを悪くしてしまう元凶になります。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛んでいる量に追従したかのように悪くなってしまうという傾向があるとのことです。
お酒に含まれるアルコールやお薬、化学調味料を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する作用のことを解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たしている非常に大切な仕事の一つと言えるでしょう。
V.D.は、カルシウムが吸収されるのを補助する機能で有名であり、血液中のCa濃度を調整して、筋繊維の動きを適切に調整したり、骨を作ります。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短く、大気中に存在するオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊させたりして、皮ふに悪影響をもたらすことになります。
昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対しての抵抗力、すなわち免疫力を持たない人達が増加傾向にあることや、早合点のせいで受診が遅れることが主因の集団・院内感染が多くなっているようです。
最も大きな臓器である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、動脈硬化や糖尿病を代表とする多くの健康障害の合併症をもたらす恐れがあるのです。